新築フォトアルバム

 日吉2世帯住宅/横浜市港北区 建替

設計:北沢建設株式会社 志村淳+青山哲

施工:北沢建設株式会社 中村英治郎

173.49㎡(延床面積)52.47坪 1F2LDK・2F2LDK+ロフト 駐車場2台

施主のK様は、以前グリーンを基調とした外観で新築をされまして、今回2世帯住宅として生まれ変わりました。

敷地に合わせ、建蔽率・容積率を最大限生かし無駄のない設計。

屋根はコロニアル、外壁サイディング・オレンジを基調(ニチハ・モエンエクセラード16・ライプMGネーブル)としたホワイトのツートンでアクセントをつけました。

明るく仕上げっています。

既存建物です。33年前に当社で新築させていただきました。
1階は、木の目を生かしたナチュラルな空間、2階は、全体的に、ホワイト系のもので統一しています。

2FLDKは、食事の準備をしているときにもリビング・ダイニングに子供が見えるように設計いました。

建具・床等新建材は、永大産業

2FLDKのクロスは、勾配天井の壁・オーディオを奥壁は、アクセントウォールにしてシックで落ち着いた仕上がりです。

トイレはTOTOピュアレスト 洗面台・ユニットバス・システムキッチンは、タカラスタンダード。

 スプリットハウス/中野区

設計:成瀬・猪熊建築設計事務所
施工:北沢建設株式会社 中村英治郎

2015年 GA JAPAN 137号 GA HOUSES 142号 2016年 Casa BRUTUS 1月号 掲載

105.25㎡(延床面積),5LDK

 ロフトハウス(居室全室ロフト)/相模原市

設計:北沢建設株式会社 大神真由子

施工:北沢建設株式会社 遠藤洋一

104.40㎡(延床面積)31.52坪 5LDK(2F4部屋ロフト付) 駐車場1台

 オンザパーク(集合住宅)/保土ヶ谷区

設計:苅部寛子建築設計事務所 + YYarchitects吉川真理子設計室
工事:北沢建設株式会社 中村英治郎

新建築 2015年2月号掲載

木造2階建在来工法 1DK 2DK 集合住宅

 陽だまりの家/横浜市旭区

設計:北沢建設株式会社 佐藤結伽

工事:北沢建設株式会社 中村英治郎

  G-HOUSE/大田区

RC造の住宅 G-HOUSE です。

一層ずつ、スライドさせたような不思議なデザインです。

夜は夜で、横長スリットから放射される光で、他とは違うぞという存在感。

見る角度によって、まるで別の建物に。
人間様の目を錯覚させる形、アンバランスに見えて、構造的にしっかりと計算されています。

外観のイメージとは打って変わって、明るく開放感があります。

自信がないと入れない浴室。でも素敵です。
和と洋の新しいスタイル。

設計監理:SHOU一級建築士事務所(有限会社 翔建築設計)

 PORSCHEの似合う家

設計:青山
工事:三宅

  青葉台の家 / 横浜市青葉区

神奈川県で『東急田園都市線沿いに住む』ということは、ステータスになっていますが、そうした意味で豪勢な建物が居並ぶ景色が続きます。そんな中で、シンプルで大きさを誇らず、個性を演出している外観は、嫌味が無くて日本の景色に自然に溶け込んでいます。

  新桜ケ丘2所帯の家

仲の良い2所帯がさらに仲良く暮らせるように、キッチン・リビング・続き間の和室を大きく作り、それぞれの部屋を用意し、お子様の成長に合わせて、部屋も簡単に間仕切り、取り払いが出来るように設計。

車2台が必須条件だったため、擁壁と建物の基礎を一体化し、縦列駐車で2台分を確保しました。 設計:青山

  無垢材をふんだんに使った家/横浜市旭区

お若いのに、無垢材の良さを識っていて、ご自分でも何でも作られるすごい方。

当然、設計段階からも入念に、選んできた無垢材をどのように使うかを検討され、キッチンまで木材での制作物。2所帯でどちらの浴室もハーフユニットに、ヒバ・ヒノキと使い分けていらっしゃいます。

  通路もある横に割った完全分離型二世帯住宅~HD邸/横浜市旭区

一級建築士大神とお客様との力作。それぞれに階段を持つ横に割った完全分離型二世帯住宅。とはいえ、万が一のために通路があり、お互いに気を配りあえる距離を保っています。彼女の真骨頂は、建蔽率・容積率を許容MAXギリギリまで使い切り、北側斜線・道路斜線もめいいっぱいで計画しています。よってこれ以上の大きさの建物は建てられないながらも、デザイン・使い勝手も最大限に活かされています。

オール電化住宅により、光熱費もかつてよりもかなり抑えられているようです。若世帯はこれまでマンション生活でしたが、木造の温もり・土に親しめる環境にご満足のようで、お子様も伸び伸びと生活されているようです。

キッチンは好きなものを選んでいただきましたが、奥様のセンスの良さから自ずとヤマハの最高級のものとなりました。食器棚、家電ストッカーにもこだわり、奥様の身長に合わせて動きやすい幅に設定しました。ユニットバスも気がつけば同様にミスト付きのものに。実際にショールームのお風呂にも入浴していただいた結果、そうなりました。目の前のリビングは皆が集えるような空間とし、各部屋へもLAN配線は送られていますが、誰でもすぐに使えるパソコンスペース兼奥様の物書きスペースも用意してあります。

普段はごろ寝が出来つつテレビが見られる4帖半の畳スペースも、交際の広いお施主様の客人を迎えた際には、完全に引込み戸が閉まり、お泊りスペースに早変わりします。スポーツ一家でもあるこのご家庭では、玄関脇には靴入れとは別に、多くのスポーツ用品が入るクローゼットが備え付けられています。

  毎日、絶景 自然に囲まれて /横須賀市秋谷

一見、奇抜に見える建物ながら、よく考えられていて、南西の相模湾と、周囲の木樹に囲まれて、花鳥風月を愛でる事ができます。構造体の無垢材は節ありを採用し、コストを抑えつつ、自然と建物とが内部から見て一体化しています。

  『より大きく』から、『小さく』という選択 /横浜市旭区

これまでは、より大きく、容積率いっぱいに家を創りたいという要望が、多数でしたが、ここ10年ほどの当社への要望は、少し変化が出てきました。

子供達も巣立って、二人だけで住むには、大きな家は要らない。大きな家はメンテナンス、掃除、窓閉め、移動が大変。階段から落ちても危ないしと。 だから、平屋でいいと(贅沢ですね)。子供達が来たら、小屋裏に泊まってもらえば、孫達も逆に喜ぶだろうし。 まったくその通りです。 ダウンサイジング住宅も御覧下さい。

  仲はよいけど、寝室は別がいいな /横浜市旭区

近頃、こういうパターン、とても多いんです。世間の男性陣、可愛そうですね。 睡眠のペースが崩される。イビキで眠れないと、世の奥様方からは良く聞く言葉です。 我が家の両親も別の部屋です。でも、万が一の際に心配だから、戸襖で開閉出来るようにしておく方も多いのが実情です。 私も言われるんだろうな…。 また、キッチンの横には引き戸を開けると、収納土間空間。園芸などで、泥を屋内に持ち込みたくないという、農家の家の考え方です。

  ロフトがたくさん /横浜市旭区

2階のサッシの上に欄間窓、2階なので十分に採光は取れるのですが、内部を見ればなるほど。

  お客様の熱意を時間をかけてじっくり設計に活かした家~FK邸/横浜市港北区

お客様が建築を熱心に研究され、当時の最新技術をふんだんに取り込んだ、使い勝手の良い建物です。例えば、玄関の電気錠、トイレの床には汚れを拭き取りやすいTOTOのハイドロセラフロア、パナソニックの畳が丘で収納力をアップし、お年寄りにも立ち上がりやすい畳スペースを演出。停電時にも充電により蓄えられた電気により、懐中電灯にもなる足元灯。小屋裏への荷物の上げ下ろし時の危険を避けて、階段を設置。将来の二世帯を考えて、2階へキッチンのための先行配管。お客様の熱意を時間をかけてじっくり設計に費やしました。

荷物室としての小屋裏(建築基準法上、高さは1.4mまで)ですが、数か月後訪れたら、天井が屋根なりに高くなっていました。当初からのご要望で屋根裏に断熱材を入れ込んでおいたので、寒暖の差が激しい小屋裏にも対応出来ています。また両サイドに点検口を設けておいたのですが、ちょっとしたものを置いておく場所となり、小屋裏には欲しいエアコンの配管設置に役立ったようです。こういう事だったのかと、あとで理解しました。家族で人気の隠れ部屋になっているそうです。

  自由設計ならではの本領を発揮した木造3階建て~MD邸/横浜市戸塚区

小さな丘の上にあった2階建ては、基礎の低さ、通気性の悪さからカビが多発し、木材にもその害が及んでおり、お子様も大きくなりつつあった中で「終の棲家」兼「次世代に残せる建物」として、使いやすい3階建てに生まれ変わりました。

愛車エルグランドが入るだけの高さのビルトインガレージの上には中二階。ご主人の隠れスペースとなっています。かつての趣味のバイクも奥におさまり、各自の自転車もガレージに。盗難にあわないようにチェーン錠がかけられる頑丈なステンレスパイプ。ワンちゃんのリードかけも。そして将来の車事情を考えて200Vのプラグイン用電源も用意。

地域的に周囲も3階が多いため、採光と通風を考えて、LDKは2階へ。3階はお子様の部屋。そして屋根裏を最大限に使い切って収納スペースに。現在は本やコミックが陳列され、図書館と読書スペースを兼ねています。白い建物にイタリアンレッドの玄関扉が光ります。

LDKの3連装窓は、外部からのデザインを考えつつも、採光と風を取り入れています。レースのカーテンは外からプライバシーを守る遮光タイプ。アジアンチックなドレープはお客様の趣向です。各所に斬新なデザイン、カラーを採用していますが、アパレルメーカーでパタンナーをしていた経歴もあってか、それぞれが見事に調和しています。

床材は素足での肌触りを重視して無垢のうづくり仕上げ。温水式床暖房で、季節を問わず靴下要らずです。大きなテレビでシアタールームとするのが夢だったようで、それに見合う大きな壁面。単調にならないように、調湿効果の高いエコカラットでデザインし、その両サイドには縦スリット窓で、通風もとれています。それを観るソファーの裏には、皆が使えるパソコンスペース。その空間をじっくり選ばれたキッチンから眺めるのが、一番の愉しみだとか。

キッチンはクリナップ。ユニットバスはヤマハ。洗面化粧台・トイレはTOTOとそれぞれに秀でたメーカーを選定されています。当社の売りである自由度を最大限に自分の目で見て触って存分に活用されています。女性の城である水回りは余裕をもって設計され、分別ごみを一時的に置けるサービスバルコニーも設置。あらゆる部材をどんどん見て回られ、本人にとっての本物を採用し、同時に置き家具も想定しながらトータルコーディネートをされた自由設計ならではの本領を発揮した建物です。なお、本物件は、こちら もご参照ください。

  外壁と屋根は土壁で仕上げたユニークな混構造の家~IG邸/横浜市港北区

設計事務所物件。地下部分はRC造。1、2階は木造。茶色の外壁と屋根は、「柳生の細道」という土壁で仕上げています。当然、壁の下地は透湿防水シート、屋根はシート防水により水の侵入を防いでいます。室内もキッチン、洗面、浴室とほとんどがオーダーメイドのものばかりです。その中でも目を引くのが、LDKの中心に位置するサニタリールーム(洗面脱衣・洗濯室)。乳白色のポリカーボネートで周囲を仕切り、自然の採光を取り込みながらもプライバシーを守っています。

  内部に工夫を凝らした熟年ご夫婦のゆとりの家~OG邸/横浜市旭区

自社設計物件。木造。熟年ご夫婦2人で延べ床面積38坪のゆとり設計。3枚引き戸を開け放つと、22帖のLDKとなります。キッチンは、対面側にも一体型の収納が付いていますが、メーカーで対応出来ないスペースは、当社で類似の面材で見せる収納棚を設けました。勝手口には、床下に雨に濡れずに収納できるサンダル置き場を設けるなど工夫しました。また、大量の蔵書は、2階の廊下の両面に床から天井まで本棚を造り、ちょっとしたライブラリーになっています。

  千葉へ I ターン、住宅に費用を回せました/千葉市緑区

横浜で土地から探していましたが、一緒に探している中で予算が合わない事に気づき、東京の会社へは逆に電車が便利な千葉で土地を見つけ、大きい敷地でそれでも予算以下だったため、その分建物へ回すことが出来、広々とした空間、水回りの設備も高価なものを選択出来ました。さらに、将来はご自分で小屋裏建築(防火指定が無いため、10㎡までは確認申請がいらない)するために、階下に音が伝わりにくいように、防振吊り木をセットしておきました。

  1階に車庫とメカニックルームがある木造3階建ての家~SD邸/横浜市旭区

自社設計物件。木造3階建て。バイクがご趣味で、乗るだけでなくオリジナルマシンの製作までされるご子息のために、1階に車とバイク2台のスペースに加え、メカニックルームを設置しています。建具はこだわって、すべて無垢材仕様。また、外壁は、汚れにくい光触媒塗装のサイディングを採用しています。

  1階に大型駐車場のある機能的な鉄骨3階建て住宅~MO邸/横浜市旭区

自社設計物件。鉄骨造3階建て。1階は約10台停められる駐車場。2階(写真では1階に見えます)は親御様世帯で、白の建具、家具で統一させていただきました。3階は電気通信関係の会社の社長宅となっており、とても機能的な造りになっています。ちなみに、この建築をご縁に、お仕事柄、お客様には当社の協力業者の仲間入りをしていただきました。

  正円寺 休憩所

旭区中白根にある、正円寺の休憩所を建築しました。

手水屋と香炉(お線香点火場所)は、天然石でしっかりと作成。

  低地盤にしっかり盛土造成した木造二世帯住宅~KS邸/横浜市緑区

自社設計物件。木造。二世帯住宅です。土地が道路から一段下がっていたので、盛土造成して、地盤面を上げました。杭もしっかり入れたので安心です。ちなみに、セメントを土と撹拌して地盤改良という方法もあるのですが、土が固くしまりすぎて植物が育ちにくいという欠点があるので避けました。内部的には、お母様の和室をLDKにつなげて、広く明るい造りにしています。

  分離型二世帯にも出来、老後のことも考慮した家~SB邸/横浜市保土ヶ谷区

自社設計物件。木造。将来の2世帯を見据え、2階を分離型二世帯に出来るよう配管類は一通り設置し、LDKとして使えるように間仕切壁は外しやすく設計しました。老後のことも考え、廊下・階段とも4尺のゆとりをもたせました。同居の際は、皆が顔を合わせられるように、階段はLDKから上がるようにしました。ただし、冬場は温めた空気が2階へ逃げてしまうのを防ぐため、大きなクローゼット扉をつけています。また、地盤の高低差を逆活用し、基礎を高くした分だけ、床下物入れを設置できました。

  一見普通だが実は常識を超える試み満載のこだわりの家~ST邸/横浜市旭区

自社設計物件。木造。一見普通に見える家ですが、ご子息様がデザイナーだけあって、色々とこだわりがある造りとなっています。以前の家では大量の蔵書で床がぬけたとのことで、根太の代わりに4寸の大引きをふんだんに使った可動式ラックを採用しました。外観の色は、パソコンの3Dを使いこなし、飽きがこない他とは違ったコントラストの強い色を選ばれました。ビニールクロスも壁用のものを天井に使用したり、2階のトイレは和風居酒屋をイメージして色を選ぶなど、常識を越える試みをしましたが、見事にすべてがマッチした仕上がりとなりました。

  実は中庭もあり外観もモダンな鉄筋3階建ての家~YM邸/横浜市南区

自社設計物件。RC(鉄筋コンクリート)造3階建て。大手の既成コンクリート住宅と異なり、当社の強みは、現場でコンクリートを打設するため、多種多様な要望に答えられること。本件は壁式構造にしたため、柱が出ず梁も目立たないメリットがありますが、上下階の壁の位置に制約が出やすいのが難点。大空間と大きな窓が欲しいという難しい要望に対し、構造計算は自社でも可能なものの、時節柄、あえて外部の信頼できる事務所に委託して設計しました。また、外観にそそり立つ壁は、実は外壁ではなく庭の目隠しなのですが、光と風を受けられるアルミスリットを入れ込みました。

  お店の見栄えも考慮して作られた店舗兼住宅~SM邸/横浜市港南区

自社設計物件。木造。理容院をかねた住宅。道路拡幅に伴い5年以上の歳月を費やしましたが、それだけにじっくりとつくられたこだわりの物件です。たとえば、バルコニーは広々としたスペースを取り、理容院ならではのタオル干し場を確保、しかもプライバシーを考え、ベランダの壁の立ち上がりを高くし、洗濯物もお店という観点からも、見えにくくしました。

  将来の子どものことを考慮した新婚ご夫婦の新居~NG邸/横浜市内

自社設計物件。木造。新婚ご夫婦の新居としてつくられました。主構造体を国産の芯持材(無垢)にし、他の顧客の声や現場を見聞きし、大工さんの仕事ぶりや自然な木のぬくもりに感心され、十分に納得された上で当社にお決めいただきました。将来のお子さまのことも考慮し、玄関からリビングを通らなければ子ども部屋にはいけない間取りとし、後で部屋を簡易に間仕切れる施工にしました。

  混構造3階建ての完全分離型二世帯住宅~UN邸/東京都目黒区

自社設計物件。完全分離型二世帯住宅です。1階はRC(鉄筋コンクリート)造で堅牢なものにしつつ、2、3階は木のぬくもりを出すため木造にした混構造です。1階は大空間が可能というRC造の特徴を活かし、和室を開け放つと25帖の大空間を生みだせます。また、3階は、大開放の窓と多数のトップライトにより、光あふれる空間を演出しています。

  ダンスホールのあるモダンな鉄骨造りの家~IS邸/横浜市旭区

設計はナリマツデザインオフィス。鉄骨造。ダンスが好きで好きでたまらないご当主が、仲間たちを招いて、みんなで踊ってくつろげる空間を目指して設計されました。小高い山の中腹に立ち、2階のダンスホールから見える緑や川のパノラマは素晴らしく、近くを走る国道からも、ひと際目立つ存在となっています。

  ガラスをふんだんに使った明るく開放的な家~AO邸/横浜市旭区

設計は石原正明建築設計事務所。傾斜地の擁壁を兼ねて、RC(鉄筋コンクリート)構造の地下殻をつくり、そのうえに、ガラスをふんだんに使った外壁による木造の家を建てています。最大限の明るさを追求し、明るく開放的な家となりました。さながら、モダンアートの作品のようです。室内には、薪ストーブを設置しました。

  外観はアーバンでも室内はウッディな木造の家~EM邸/横浜市保土ヶ谷区

設計はビルトロジック。木造。打ちっぱなしの擁壁の上にそびえる青と白のコントラストの外観は、見事と言わざるを得ません(外壁上部はガルスパン、下部はジョリパッド仕上げ)。敷地形状を活かした形が、どの角度から見ても見栄えがするように、サッシの取り付け位置、強いては間取りにまで計算がなされています。一見アーバンな外観に反して、室内は木であふれています。見栄えの割には、実は比較的低コストでつくられています。

  LDKが空中に飛び出す鉄筋と木造の混構造の家~TF邸/横浜市港北区

設計はスタジオエイチプラス。1階はRC(鉄筋コンクリート)造、2階は木造。空中に飛び出すLDKは、空中楼閣の様相ながら、閑静な高級住宅街にしっとりと馴染んでいます。設計図を渡されたときは、施工的に困難が予想されましたが、鉄筋コンクリート物件を多数を手がけてきた当社としては、まさしく腕の見せ所。完成後は業界でも注目を浴び、数多くの設計事務所の先生方が見学に訪れ、テレビでも取り上げられました。

  国内産の材木と自然素材にこだわった木造物件~HE邸/横浜市栄区

と自然素材にこだわってつくられた木造物件です。屋根から下水管まですべて自然素材にし、断熱材も新聞紙というこだわりようです。壁材は珪藻土。地組みとの組み合わせは伝統ある継ぎ手と木製のクサビを使って、最小限の金物で組み上げました。そのため、錆びる要素がほとんどなく、長期的に非常に丈夫で、まさに伝統技術を最大限に生かした家です。

  2階をLDKだけとした広さを感じさせる設計~HT邸/神奈川県相模原市

設計はビルトロジック。木造。述べ床面積23.7坪にもかかわらず、広さを感じさせる設計です。その秘密は、明かりを最大限取れる2階をLDKだけとしたこと。約20帖をほとんど間仕切りなしで作っています。そして、1階に寝室、浴室、6帖の納戸を割り振りました。どこにでもありそうですが多くはなく、思い切った割り切りのある造りといえます。そして、二間(3636ミリ)の掃き出し窓の外は、5.3帖の木製で出来たバルコニーを連続させ、そこも室内であるかの様な錯覚を感じさせます。

  外壁に不燃処理を施した木材を使用した大邸宅~KT邸

設計は和田設計アトリエ。木造。延べ床面積100坪の大邸宅です。2階の外壁には不燃処理を施した木材を使用。1階にはマジックコート。普通の設計だと羽目板(木材部)を1階に使用しますが、木材のアクが滲み出て、1階部の外壁を汚す恐れがあるため、汚れにくい納まりを一緒に考えました。2階にはバーベキューの出来るバルコニーとLDK。大面積が可能なビル用サッシと相まって、全体を合わせると約50帖の大空間。キッチン、浴室等いたるところに天然大理石を使用しました。ちなみに、組み合わせによっては、天然大理石の方が人造より安かったりします。

  メルヘンチックな家/中野区

芸術に造形の深いこちらのお客様は、自らのイメージを設計者に伝え、出来た家は中も外もメルヘンチックな素敵な家でした。

  エレベーター付き 白の間、黒の間/南区

足の調子が悪いため、将来の事も踏まえて、2階+小屋裏にも関わらず、先んじてエレベーターを付けておきました。このような方、最近増えています。また、色使いが上手いお客様です。

  R曲線を持つベランダがアクセント~MS邸/東京都世田谷区

設計はAMO設計事務所。木造。広い敷地のなかに、ご両親の棟とご子息家族の棟を並べ、瀟洒な印象を与えています。奥の家は、和風のつくりながら、R曲線を持つベランダがアクセントとなり、また、外壁の塗り壁が特徴的な家です。内部は、写真のような木肌を生かした造りになっています。

  終の棲家(まだまだお若いですが)/横浜市旭区

すぐお隣りに、娘様ご夫婦の家。そして、ここへ引っ越しスープの冷めない距離で、安心な生活をされています。

  木造3階建て、さらに小屋裏あります/横浜市鶴見区

木造軸組3階建て。

2所帯ということもあり、それぞれに水回りをプランニングしました。将来お子様が増えることを想定して小屋裏も。その際は断熱もしっかりしていますが、エアコンを一つ据えて、フローリング・クロスだけではい完成。

  2mの専用通路での建替え、得意です /横浜市旭区

建築基準法においては、敷地が道路に2m以上接していないと建築出来ないという、基本的な決まりがあります。さらに横浜市の市条例では、長さが15m以上の場合は3mの幅員が必要となります。しかし、こちらのように元々その条例前に建築されていた家に関しては、建替えが可能です。荷物運搬、手上げでの上棟と、機械に頼らず昔ながらの手法もよく施工しています。

  タンスに合わせた収納 たっぷりの家(長い専用通路) /横浜市旭区

既存のタンスが立派なものが多かったため、人情として捨てられません。そんな方はこのように、残されるタンス等を採寸して、それに合わせて残りのスペースも収納としてフル活用の、提案をしております。

  鉄骨屋さんの家 兼 事務所/横浜市旭区

当社の協力業者、飯田鉄骨さんの家。

鉄骨屋さんだけに鉄骨造3階建て。鉄骨階段・手すり・金物関係は、全て施主様からの支給品。

一般のお客様でも、支給品(ご自分で用意して、キタザワに取り付けさせる)は、構造体や主要な部分を除いて、オールフリーですので、お気軽にどうぞ。

TEL: 0120-30-4141
TEL:045-953-2674
お問合せフォーム
北沢建設「社員ブログ」
ただいま建築中
ただいまリフォーム中
ただいま建設中
外構・土木日記
お悩み解決!アフターサービス日記


建築用語・知識

会社の正面玄関に掲示してまる「黒板」ですが、普段あまり耳慣れない建築用語や知識などをイラストなどを交えて紹介しています。

詳しくはこちら≫


なんでもQ&A

住まいの建て替え・新築時の疑問、リフォーム、店舗・ビル・施設に関する様々な質問にお答え致します。

<準備中>


 つながる広がるリンク集

地元でお世話になっている会社・団体のご紹介です。

詳しくはこちら≫