💬資料請求・無料相談はこちらから

 0120-30-4141
または 045-953-2674

新築・建替えをお考えのお客さまへ

キタザワの家づくり 5つのポイント

POINT① 木造・鉄骨造・鉄筋コンクリート構造に対応

キタザワでは、半世紀家づくりに携わってまいりました豊富な施工経験から、現在日本の住宅で主に用いられている構造である

木造・鉄筋コンクリート造・鉄骨造

すべての構造のお住まいづくりのご要望にお応えしております。


お好みの構造のお住まいづくりについて、お気軽にご相談いただければと思います。

「どのような構造で建てたら良いかわからない」

「それぞれの構造の特徴が知りたい」

という方もお気軽にお問合せください。


中でも私たちがおすすめしているのは、木造の在来軸組工法です。

木造建築は、日本の気候や風土に育てられ、適応した伝統であり文化です。


キタザワでは、木材の持ち味を生かした在来工法による伝統の良さに、耐震性・耐久性を増す最新技術を融合させ、こだわりの家づくりを展開しています。

建築ジャーナル誌「くつろぎ安心 木の住まい-日本の木にこだわるつくり手たち」でも、全国37工務店のひとつとして紹介されました。


POINT2 木造「中気密」構造

中気密というのは、高気密に比べて聞き慣れない言葉かもしれません。

近頃住宅は「高気密高断熱」が流行のようになっていますが、高温多湿の日本では、必ずしも最適ではないと考えます。

キタザワでは、壁体内(壁の中)を断熱材で埋めつくさず空気層もつくり、建物全体を自然に空気が循環するつくりにしています(壁内通気工法)。

しかも、外壁との間にも空気層をつくる二重通気構造にしています。

いわば「呼吸する家」です。

このため、室内の温度差による事故(ヒートショック・脳卒中など)、結露、シックハウス症候群などのリスクを大きく低減しています。


POINT3 高水準の標準仕様

高機能の標準仕様

キタザワの住まいづくりでは、耐震性・耐久性を高めるために
下記の通り、高水準の仕様を標準仕様としています。


  1. 基礎の厚さは15cm。異形鉄筋はすべて13mmを使用

  2. 土台と基礎から柱にいたるまで、主要接合部分には、L字型のホールダウン金物を使用
    地震時の柱の引き抜きを防止します

  3. 外壁下地素材は、厚さ12mm高強度壁倍率3.0倍と難燃性・防火性・耐久性に優れた耐力面材を使用
    面の力でも建物を支えます

  4. 2階床面は根太を用いないネダレス工法厚さ28mmの面の力で構造を強化するプラットフォーム工法+石膏ボードを入れ込んだ3重床構造(図)

  5. シックハウス対策としてクロスののりや床材など新建材の接着剤はノンホルマリン、低ホルマリンの材料を使用
    100%ノンホルマリンの住宅も実績があり


POINT4 地盤調査で住まいの安心・安全をお約束

家づくりの際には、地震や地盤沈下による被害を未然に防ぐために、スウェーデンサウンディング工法による地盤調査を実施。

更地状態で5カ所で地下10mまで調査

法的規準値より厳しい規準を採用し、調査結果に応じた地盤補強工事として、杭工事や地盤改良をご提案します。

POINT5 ご予算・ご要望に応じた住まいづくりをトコトンご提案

キタザワでは、半世紀以上の豊富な施工実績からお客さまのあらゆるご要望にお応えした家づくりを行ってきました。

自社設計の場合、プランのお打ち合わせに回数制限を設けておりません。

計画にご納得いただけるまで無料で対応をさせていただきます。

傾斜地や狭小地、ご予算の限られたお住まいづくりなど、あらゆるお住まいづくりに携わってきた実績がございます。

ぜひお気軽にご相談ください。


💬資料請求・無料相談はこちらから

新築・建替えフロー

新築・建替えをご依頼いただいた場合、ご相談から完成までの流れをご紹介します。
「在来軸組工法の個人住宅」の例になります。

ご不明な点や、そのほかのケースにつきましてはお気軽にお問い合わせください。

ご相談

お住まいのお悩みについて、まずは私たちにお気軽にご相談ください。


「建て替えかリフォームか悩んでいる」

「現地を見に来てほしい」

「まずは話だけ聞いてほしい」


お住まいに関するお考えやお気持ちなど

どんなことでもお聞かせください。

ご予算や完成希望時期、ご要望がお決まりの場合もお伺いをさせていただきます。


ご相談は当サイトご相談フォーム・お電話・メール・ご来社・指定場所への訪問にて

実績豊富な営業担当がお引き受けします。


ご来社いただく場合、事前にお電話やメールにてご予約をいただくと間違いなくご対応をいただけますのでおすすめです。

現地調査

建設予定地にお伺いし、敷地の状況や周辺環境について、調査をさせていただきます。

建替えの場合、建物がある状態でできる限りの調査をいたします。

プランと概算のご提案

現地調査の内容や、ご要望に沿って最初のプランと

建設費用や諸経費の概算をご提出いたします。

公的融資・住宅ローン・税制面・補助金などとあわせて資金計画、返済計画のご相談にもあわせてお応えいたします。

プランのご検討・決定

最初にご提案したプランと概算は、あくまでこちらからのご提案になりますので

お客様にご納得いただけるまで、お打ち合わせを重ね、プランをご検討いただきます。

キタザワの家づくりでは、お打ち合わせ回数の制限を設けておりません。

何回でも何時間でも、お時間が許す限りお打ち合わせください。

詳細設計・設計契約

プランがある程度確定した時点で、詳細設計へと移行します。

設計監理の重要事項をご説明する義務により、このタイミングであわせて設計監理契約を結んでいただいております。

費用は、建築確認申請料を含め、一般の木造住宅でおよそ50万円前後となっております。

(この分のお支払は、本体の初回お支払い時にあわせてで構いません。)


更地の場合、このタイミングで地盤調査も行います。

詳細見積

最終プランに基づき、工種別にした詳細な見積書を作成いたします。

こちらのお見積り内容につきましても、お打ち合わせの回数制限を設けておりません。

何回でもご納得いただけるまで、ご予算にあわせてご検討をいただきます。

建築確認申請

計画した建物が建築基準法など法的に問題がないか「建築確認申請」を提出します。

申請図書を作成し、都道府県・政令指定都市の建築課や都市計画課、民間審査機関に審査を依頼します。

建築予定地の諸条例により、確認申請の前に許可を受けなければならないケースもあります。

その場合、許可を受けてから建築確認申請を行いますので、通常よりお時間を要します。

さらに、建築物の規模・構造により申請前に事前協議が必要となるため、これまでにはない時間を要する場合もあります。

事前にどの程度お時間が必要になるか、プランの検討の段階で明確にいたしますのでご安心ください。

5.「建築確認申請」提出
 建て替え    新築 
着工するためには、決定した最終プランが建築基準法など法的に問題がないか「建築確認申請」等を提出する必要があり、当社で提出します。都道府県・政令指定都市の建築課や都市計画課などで審査します。状況により、民間審査機関に依頼することもあります。現在、2007年6月20日に改正施行された建築基準法以降、提出図面の量が増え、チェックも厳しくなり、一時期は許可が下りるまで時間がかかりましたが、最近では比較的スムースに事が運んでいます。
さらに、その土地が持ち合わせた諸条例により、確認申請の前に許可申請を受けなければならないケースもありますので、その分時間を要する場合がございます。
また、確認申請が受理されたあとに変更があった場合には、確認申請の出しなおし作業が必要となる場合があります。
さらに、建築物の規模・構造により申請前に事前協議が必要となるため、これまでにはない時間を要する場合もあります。
6.「建築確認申請」承認
 建て替え    新築 
通常は、2週間くらいで、「建築確認申請」の承認が下ります。これで晴れて着工可能となり、お客様のご希望・ご都合もうかがいながら、着工の日取りを最終決定します。

工事契約

7.ご契約
 建て替え    新築 
ご契約書を当社で準備いたします。ひとつひとつ項目をご説明し、十分ご理解をいただきながら、ご契約いただきます。さらに、住宅瑕疵担保責任保険の加入が義務化されたため、その際に保険の重要事項説明をおこないます。
ちなみに当社では、その保険料に関しては当社にてサービスさせていただいております(一般住宅のみ)。
ご契約書は、大切に保管してください。
初回お支払いは、原則として契約時に工事費用の1/3をお願いしていますが、ご相談により、着工時のお支払いでも可能です。

近隣ご挨拶

8.近隣へのご挨拶
 建て替え    新築 
近隣へのご挨拶は、当社の社員がおこない(お客様がご同行されることもあります)、丁寧丁重にご挨拶するとともに、ご近所の方々の工事に対する疑問・質問についても、お答えできるようにいたします。

お引越し(建替えの場合)

9.お引っ越し(建て替えの場合)
 建て替え 
新居が完成するまでの間、仮住まいにお引っ越しいただくことになります。可能な範囲、当社でも仮住まい探しのお手伝いをさせていただいています。

解体・整地(建替えの場合)

10.解体・整地
 建て替え 
建て替えの場合、古いお住まいを解体し、整地します。なお、地盤の強度が不足している場合は、杭や地盤改良工事が必要となる場合があります。

地盤調査

11.地盤調査(更地の場合)
 建て替え 
S.S.試験や表面波探査試験等により、お客様の土地の地盤調査をいたします。

地鎮祭

12.地鎮祭
 建て替え    新築 
その土地の神を鎮め、安全を祈願し、家を建てる許しを得る儀式です。ほとんどの方が実施されています。神社の主催がほとんどですが、仏式で行われる方もいらっしゃいます。神式の一般的な相場は3万5000円~5万円ですが、3万8000円が主流です。

着工

13.着工
 建て替え    新築 
造成・基礎・建方など、ここから建築工事がスタートします。建築スケジュールを守りながら、すべての工程を入念にチェックし、品質の高い住まいづくりを進めます。

上棟式

14.上棟式
 建て替え    新築 
上棟式は、無事に棟が上がったことを喜び、感謝するもので、施主さんが職人さんをもてなす式と言えます。また、地鎮祭同様、関係者が工事の安全を祈願し、お互いの協力を確認する場とも言えます。近頃では省略するケースもあります。
なお、用意するものは当社の方でもご一緒にお手伝いいたしますのでご安心ください。
原則として、この段階で工事費用の1/3のお支払いをお願いしていますが、銀行融資を受けられる方は、ご相談のうえ、残金をまとめて完成時のお支払いで済むように調整いたします。

完成・お引渡し

15.完成・ お引き渡し
 建て替え    新築 
完成時には役所の検査、そして私たちがプロの目で細部まで厳しくチェック。すべてがクリアされた段階で、お客様に、室内外のご説明をしたうえで、新居の鍵をお渡しいたします。この際、お客様にもあらゆる部分をチェックしていただきます。原則として、この段階で工事費用残金のお支払いをお願いしています。

アフターサービス

10.アフターサービス
 建て替え    新築 
いつまでも快適に暮らしていただけるよう、定期的な検診など行っています。緊急修理やトラブルの発生には、迅速におうかがいしています。建てた後のフォローも私たちの大切な仕事です。
そして一年後に、お客様の元へ工事担当と営業担当でお伺いし、建物を隅々までチェックし、手直しする部分は速やかに作業します。そして、住まわれてからのお話をお尋ねして、今後の設計・工事に活用させていただいております。

※工事代金の銀行振込手数料は、当社で負担させていただきますので、差し引いてお振り込みください。